0678b7cd6d5ce04f5fb80201d74a60eb_m

初詣の期間とはどれくらいの間?

初詣は地域性があり、よく知られているのは関東と関西では異なる他に、寺と神社でも参拝の方法が異なります。
基本的には3が日つまり元旦である1月1日の他に1月2日、1月3日の3日間にその年始めて参拝することを初詣と呼んでいます。ただし、1月中に参拝をすることを初詣と呼ぶ習慣がある地域も存在するなど、地域のローカルルールのようなものが存在していることもありますのでまちまちです。

このように初詣の期間自体は地域などによって差がありますが、概ね1月中には終わるものです。
1月の3が日に参拝する人が圧倒的に多いわけですが、職場ではその年の仕事始めなどに職場での初詣と称して参拝するケースもあるなど、いろいろなケースが存在しています。

ただ、たとえば警察などでの公式な発表などではその期間はおおむね3が日に限定して初詣客がどのくらいの人数なのかといった具合に公式発表されているのが常です。この公式発表ではその3が日の期間においてどの程度の人が参拝したのかなどを把握しておく必要があると言われています。警備上の問題も絡んでいると考えられています。

元旦に初詣に行く人も多いわけですが、前日の大みそかの間に神社などにあらかじめ参拝をする準備をしている人も大勢います。たとえば地方などの場合には、公共交通機関が元旦と大みそかだけは臨時列車を走らせたりするなどの対応を取るケースもよく見受けられます。それだけこの期間中は大勢の参拝客でにぎわうためです。

その年の無病息災を祈って、また、その年にかなえたい願いなどの祈りを込めて参拝をするケースがほとんどだと言えますが、家族で行くので仕方なしに行くということなどよりは、その年に自分がどうありたいのかあるいは自分や家族にとっていい一年であるようにという思いを込めての参拝ですから、心を込めた祈りをささげる人も大勢いるということです。

ただ、年々参拝客が減少をしている地域もあって、その参拝客を何とかつなぎとめたいという神社や寺などの思いもあり、テレビなどでのコマーシャル放映をするところも増えていると考えられています。そうでもしない限りはメジャーなところに参拝客を取られてしまうという神社や寺などの切実な事情が垣間見えます。

参拝客の減少と寺であればお坊さんの高齢化により、閉鎖してしまうところも増加してきているとされ、高齢化の問題は国民だけでなく地域の檀家の減少や初詣客の減少という切実な問題になりつつあります。

人に伝えたいサイト

Okinawa Repeater's Hotels
Choose the best accommodation deal for your trip

値段のつかない廃車を買い取ってもらう方法とは?
それは廃車ひきとり110番で査定すること!

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>